順天堂大学画像診断・治療学 医局ブログ

順天堂大学大学院医学研究科 画像診断・治療学の医局公式ブログです。
当教室の案内や学会・研究会、医局イベント、トレーニングプログラムなどの
日々の活動を発信しています。

注目の投稿

APASL 2017報告

2月15日から19日まで上海でAPASL (アジア太平洋肝臓学会)が開催され、椎名教授と佐藤公紀先生が出席しました。 5000名が参加し2300の演題が発表されました。参加者も多く連日大変な盛会となりました。 …

続きを読む

4月から当教室に加わる清水 基規先生の自己紹介文…

4月から当教室に加わる清水 基規先生の自己紹介文を掲載します。 2017年度より画像診断・治療学に入局させて頂きます、清水基規と申します。卒後7年目で九州に赴任になったことを契機に、消化器の低侵襲治療を数多く施…

続きを読む

高和 正先生が当教室に加わりました。自己紹介文を…

高和正(たかわ まさし)先生が2月から当教室に加わりました。自己紹介文を掲載します。 この度、2月から画像診断・治療学講座に所属しました高和です。 これまで消化器外科医として15年以上メスを握り、国立がんセンタ…

続きを読む

順天堂大学IVO (interventional…

順天堂大学付属順天堂医院B棟Ⅱ期工事の完成に伴い、2017年1月に新しい治療室に移動しました。 今後はRFA以外の治療も行われると予想されますので、RFA室ではなくIVO室 (interventional on…

続きを読む

当教室のRFA症例数が2015年も全国第1位に―…

主な医療機関の2015年の肝臓がん治療件数が読売新聞の病院の実力「肝臓がん」で報告されました。 同報告では順天堂大学のラジオ波治療件数は542例で全国トップでした。2013年以降3年連続のトップです。なお肝動脈…

続きを読む

最新の投稿

全ての投稿一覧