順天堂大学画像診断・治療学 医局ブログ

順天堂大学大学院医学研究科 画像診断・治療学の医局公式ブログです。
当教室の案内や学会・研究会、医局イベント、トレーニングプログラムなどの
日々の活動を発信しています。

2017年11月の記事一覧

霜月の会 2017

順天堂大学消化器画像診断・治療研究室には、11月20日から12月1日まで北京大学のYijia Zhang先生が滞在しています。 Zhang先生にはラジオ波焼灼術を中心に学んでもらっています。短い期間ではありますが、できるだけ多くの事を学び帰国してほしいと思います。 Zhang先生の歓迎会を兼ねて久しぶりに情報交換のための集まりを開きました。 久しぶりの会であ…

続きを読む

ACTA 2017報告(第2日)

ACTA 2017  第2日は午前中は、Bone and soft tissue tumors, Cryoablation & IRE, Radioactive seed inplantation, Image changes などの分科会に出席しました。 午後は “ECIO meets ACTA II: The Asian Experi…

続きを読む

ACTA 2017報告(第1日)

ACTA 2017 初日は午前8時から pre-conference education: basics in ablation のセッションがあり、その後、9時から opening ceremony となりました。 今回の参加者は約 1000人で、ablation を中心とした学会としては世界でも最大規模のものと考えられます。 私は12時から lunche…

続きを読む

ACTA 2017報告(前日)

11月16日から19日までACTA (Asian Conference on Tumor Ablation) 2017に出席するため広州市を訪問しました。 広州市は広東省の省都であり、北京・上海に次ぐ中国第三の都市とのことです。 東京と比べて10度暖かいことは認識していましたが、空港に着いた際に蒸し暑いのに驚きました。 空港には迎えが来ていました。中山大学の…

続きを読む

銀行系情報誌に椎名教授のインタビュー記事が掲載されました

銀行系情報誌(2017年11月号)に椎名教授のインタビュー記事が掲載されました。 この情報誌は会員誌のため一般販売やWEB公開はしていません。特別に医局ブログに掲載の許可をいただきましたので、紹介いたします。 記事は同誌における「名医参上!」シリーズの20回目となり、ラジオ波治療の第一人者である椎名教授の姿を、取材記者がとらえた治療の様子と、群を抜く数々のデ…

続きを読む

当教室のRFA症例数が2016年も全国第1位にー医療新聞社の「手術実績で探す 名医のいる病院2018…

主な医療機関の2016年の肝臓がん治療件数が、医療新聞社発行の「手術実績で探す 名医のいる病院21018」で報告されました。 この本は「東日本版」と「西日本版」の2冊に分かれていますが、順天堂大学のラジオ波治療件数は571例で、東日本版(北海道~静岡県)のトップでした。 それまでの三年間、全国1位~3位は東日本の病院でしたので、2016年もおそらく全国トップ…

続きを読む

TOP