順天堂大学画像診断・治療学 医局ブログ

順天堂大学大学院医学研究科 画像診断・治療学の医局公式ブログです。
当教室の案内や学会・研究会、医局イベント、トレーニングプログラムなどの
日々の活動を発信しています。

2015年3月の記事一覧

Hasse先生送別会

3月2日から20日までドイツ、マインツのJohannes Gutenberg UniversityからFelixHasse先生が短期研修で滞在しました。 日本の食文化“SUSHI”パーティーと称して、Hasse先生の送別会を医局で実施しました。    

当教室の主催が決定 APASL Single Topic Conference on HCC

イスタンブールで行われたAPASL2015の理事会で、順天堂大学画像診断・治療学教室が、HCCをテーマとしたAPASL Single Topic Conferenceを2017年秋ないし2018年春に横浜で主催することが決定しました。小さな教室で国際学会を主催することは大変だと思いますが、頑張ります。 (画像をクリックすると拡大されます)

続きを読む

APASL 2015

24th ASIAN PASSIFIC ASSOCIATION for the STUDY of the LIVER(第24回アジア太平洋肝臓学会議 )APASL 2015)に参加しました。今回の会場はトルコ・イスタンブール。議論も活発に交わされ有意義な会議でした。椎名教授がinvited speakerとして講演、清水先生、谷木先生が発表を行ないました。内…

続きを読む

弥生の会

この度、順天堂大学 画像診断・治療学にドイツ マインツのJohannes Gutenberg University からFelix Christian Hasse先生が短期研修生として滞在します。Hasse先生と医局秘書の岡本さと子さんの歓迎会を兼ねた情報交換の場として、3月に弥生の会を開催しました。Hasse先生は195㎝、95㎏です。 当教室のラジオ波治…

続きを読む

当科のRFA症例数が全国第1位にー手術数でわかるいい病院2015

週刊朝日MOOK『手術数でわかるいい病院2015』の肝がんラジオ波焼灼術データで順天堂大学順天堂医院が全国ランキング1位になりました。 2012年12月に椎名教授が東京大学から異動し、ラジオ波治療の症例数が急増しました。2014年3月から新病棟の専用治療室に移転し、天吊り式のディスプレイや最新の超音波装置、治療機器の設置とともに専属のスタッフも配備され、フュ…

続きを読む

TOP